結婚を機に転職したい看護師の方のための転職サイト

今の職場に満足していますか?看護師の免許を持っていて2年以上のキャリアがあるなら、あなたという人材は、引く手あまたとなります。貴方の住んでいる地域でも、あなたという人材を切望している病院やクリニックなどの施設がたくさんあります。そうなんです。医療業界では、看護師という人材がかなり不足しています。いつでも転職が可能なのです。もし本気で転職を考えているならこのサイトに掲載されているような看護師専門の転職サイトを利用してみましょう。単独で転職先を探すよりも圧倒的に好条件での転職が可能になります。当サイトでは結婚を機に転職したい看護師の方のための転職サイトをランキングでご紹介しています。

高給が欲しい看護師の方の転職サイトおすすめランキング

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    「ナース人材バンク」は、厚生労働省より認可を受けている東証一部上場の安心企業が運営している国内最大級の完全無料で看護師の転職を支援するサービスです。
    看護師離職者の7割以上が利用しています。会員登録のみで多くの非公開求人案内もしてもらえます。
    全国に展開しているためどちらにお住いの看護師さんでも転職サポートをするシステム。
    気になる給料などの条件面の交渉についても選任スタッフが完全対応しています。

  • 看護のお仕事

    看護のお仕事

    「看護のお仕事」は正看護師、准看護師、保健師、助産師のいずれかの資格をお持ちの方の転職・復職を無料で支援するサービスです。
    「サービス満足度」「コンサルタントの対応満足度」「友人に勧めたいランキング」で三冠達成しているサービスで全国を安心の24時間電話対応します。
    転職サービスサイトにありがちなスタッフのしつこい対応もなく地域ごとの選任スタッフの地域密着型提案が好評です。

  • マイナビ看護婦

    マイナビ看護婦

    知名度抜群の株式会社マイナビが運営している「マイナビ看護婦」は正看護師、准看護師、保健師、助産師の方の無料の転職サポートを行っています。
    全国対応で30,000件以上の求人内容は非公開求人から企業看護師求人まで幅広いです。
    この無料サービスサイトの特徴は顧客満足度が96%以上で「残業なし」「月給35万円以上」「家チカ・駅チカ」「ゆったり急性期」「ボーナス6ヶ月」「年休125日」「日勤のみ」などといった高い定着率の求人をたくさん紹介していて評判が高いのです。


医療技術や治療の専門化が進められており、看護師のするべき仕事も専門的になっている。もっと言うなら、絶えず進歩している専門職ですから、常日頃から学習に励む気持ちが欠かせません。
看護師転職エージェント作成の集合型求人サイトは、採用する医療機関とか各種施設側からではなく、少しでも多くの看護師を会員にしたい看護師転職エージェント側から運転費用を徴収して運営されているのです。
定年年齢になるまで辞めずに勤務を続ける看護師さんは珍しく、看護師の平均的な勤続年数は大体6年です。離職する人が多い職種であることがわかります。年収や給料の額はかなり高いと言えます。
提供してもらえるサービスは、次の勤務先への就職や転職活動のための必須事項がほぼ全部組み込まれていて、しかもご自分ではやれない病院との待遇に関する協議など、利用料不要が嘘みたいなサービスなのです。
転職した場合、早々に年収700万円オーバーなんて職場はないのです。手始めに給料やボーナスが高い待遇のいいところへ転職して、その再就職先の病院で長年勤務し続けて、年収アップをしていく必要があります。

大半の看護師というのは、生まれたエリアの学校を出て、就職場所も地元です。結婚して家族ができると、看護師不足が深刻な区域で仕事に従事する為に、「単身赴任」することは困難です。
まずは、転職条件にフィットする看護師向けの求人を発見することが、後悔しない転職のためには絶対に必要なことになります。たくさんのキーワード検索で、厚待遇の求人を選定してください。
中でも20代までの看護師女性の場合に限ると、実に55%もの方が転職サイト経由で転職先に雇用されることになっていて、ハローワークの利用や直接応募をしたケースなどよりも、ずいぶん多いようです。
民間企業によって運営されている求人サービス会社の一番の強みが、求人者である病院と担当アドバイザーが、強いつながりを持っていることです。このあたりが公的機関であるハローワークとか看護協会の就職・転職相談アドバイザーとは180度違う部分でしょう。
体力的にもきついし、失敗が許されない業務をこなしているのに、普通の男性会社員と比較しても低い給料しかもらってないので、自分の仕事に見合った給料じゃないなんて思っている看護師さんは珍しくないのです。

なるほど看護師の皆さんは看護業務に関する専門家だけど、転職に関するスペシャリストとは言えません。それと違って看護師転職サイトに所属しているキャリア・アドバイザーは、看護という仕事のプロとは違いますが、転職支援に携わるスペシャリストと呼べるでしょう。
収入について不安を感じることはないし、パート、アルバイト、派遣としての時給も他の一般的な職種と比較して高額で、求人も無くなることがないので、資格が有利になるお仕事の一つであるということは明白でしょう。
待遇がいい・抜群の人気求人というのは、まず派遣会社とか転職支援エージェントに利用者登録した後でなければ紹介されない非公開求人という形式になっていることが一般的です。
全般的に言って集合型求人サイトには、職務経歴書だったり履歴書を保管しておく機能が実装されています。利用開始時に履歴などを登録・保管すれば、条件の合う相手から誘ってもらう場合が出てくるわけです。
どこを卒業したかと離転職の回数との関連性は、一概には言えませんが、看護師という立場で仕事を始めた際に何歳だったのかが、「何回転職したか」にも作用しているという考え方もあるのです。


特徴的なのは20代の女性看護師だけだと、なんと55%という想像を超えた方たちが転職・再就職支援サイトを利用して転職を成功させていて、ハローワークからの応募や縁故・直接応募なんかより、ずっと多いというわけです。
民間企業によって運営されている求人サービス会社の最大のアピールポイントが、求人側と転職アドバイザーが、親密なコンタクトを取っていること。このような部分がハローワーク(公共職業安定所)や任意団体の看護協会所属の就職・転職のキャリアアドバイザーとは全く異なる部分だと断言できます。
長時間の夜勤がある職業なので、一定リズムでの生活が不可能、挙句に身体的、心理的にも厳しい職業。今の給料に不満を感じている看護師の方ばかりだというのも納得です。
肉体労働だし、重い責任がある仕事にもかかわらず、普通の男性サラリーマンがもらうよりも低い給料しかもらってないので、職務から見て適切な給料とは言えないといった不満を抱えている看護師さんは少なくないのです。
担当のお医者さんが行なう治療などの医療行為の補助行為を行う。そのうえ病院利用者の心配ごとのケアに従事したり、患者さんと医療技術者等との円滑な意思疎通を図るのだって看護師に任されているのです。

普通の女性よりも年収の額は上ですが、身体面でもメンタルな面でも厳しい業務だということと、避けることができない夜勤の必要があることを加味すれば、必ずしもとんでもない給料だとは言えないのではないでしょうか。
今の職場を辞めて転職するのだから、絶対に今度は条件の恵まれた職場で仕事に邁進したいですよね。もちろん、これまでの勤務先よりも待遇が理想に近付かないと、新天地に転職したことが無意味になってしまうかも。
高賃金で働いていると認識しているものの、勤務先からの給料が労働条件から見ても当然の対価とは感じていない看護師さんばかり。そういわれてみれば、厳しい環境で勤務している看護師は数えきれません。
総じて集合型求人サイトに関しましては、職務経歴書、もしくは履歴書を保管しておく機能が実装されています。初回に必要事項を入力しておくだけで、求人者のほうから誘ってもらうことができるようになっているのです。
看護師に関しての第一位は、50歳以上55歳未満の約550万円。女性の全職種で、定年後の60歳からは年収が大体300万円まで減少する状況なのに看護師の平均的な年収額は、400万円くらいから下がってはいません。

もしも正規社員として就職していて、夜勤もしているのに年収が400万円未満であれば、迷うことなく転職することを推奨します。准看護師の場合でも、看護師の給料の8割程度が平均的な額と言えるでしょう。
募集を始めた病院などの業務形態であるとか募集についての要項を、早い時期に可能な限り調べて、自分の希望通りの病院を見つけ出すことが不可欠なのです。必要な資格さえあれば、間違いなく就職できるという点も特長です。
企業・大学の保健室勤務などに関しては、突発的な残業が全然無い状況ですし、土日、祝日、年末年始、その他の休みも確保可能だから、求人募集があると、1週間くらいで締め切られるぐらい希望者が多いのです。
勤務している職場内の人間関係が面倒で転職したにもかかわらず、再就職した職場は前よりも人間関係の面で厳しかったなんてケースも頻繁にあります。再就職を決心する前に、可能な限り情報の把握をしておくことが重要になってくるのです。
自分自身にふさわしい看護師求人サイトを選択することができれば、以後の転職が思い通りになるでしょう。キッチリと検証してコレというところを選んで利用登録するようにしましょう。


卒業した学校のレベルと転職歴が係わりがあるかどうかは、明白にはなっていませんが、正規の看護師として仕事をし始めた時に何才だったかが、転職の経験数の一要因としてあるという考え方もあるのです。
募集を始めた病院などの業務形態やシフト、募集要項を、先に詳細にチェックして、あなたの狙い通りの病院を探し出すことが絶対に必要です。必要な資格を持っている方なら、速攻で雇ってもらえるという点も特長です。
受けることができるサービスは、就職・転職の活動に必要な事柄がほとんどそろっており、プラス自分一人ではやりづらい医療機関側との交渉など、費用不要じゃないようなサービスを享受できるのです。
募集先の実際の環境とか雰囲気、複雑な人間関係など、サイトや求人票ではお見せできないけれど、求職者としては分かっておきたいデータや情報をかなりご披露できます。
先に就職をすることができた方々による生の体験談とか、キャリアコンサルタントが感じた本音の評価も載せており、看護師の方が不安な気持ちになることなく転職できるように、しっかり手助けしてくれる注目のサイトです。

厳しくてミスも許されない職業であるにもかかわらず、サラリーマン男性と比較しても安い給料で働いていることから、給料と職務の中身のバランスが取れていないといった考えを持っている看護師さんはかなりの割合に上ることでしょう。
パーフェクトな転職になるように、このサイトに載っている看護師限定の転職支援サイトをとことん使いこなして、あなたにピッタリの病院への転職を実現してください。
企業で働く看護師の仕事におきまして、一際高額の年収が望めるのは、何といっても治験関連の仕事でしょう。管理職手当も入れると、年収が1000万円を超えるすごい看護師だっているんですよ。
求人票を閲覧するだけでは、勤務先の雰囲気などは把握することが不可能です。看護師転職エージェントならば、外から見えない新しく働く病院内の対人関係や雰囲気等々の有益な情報がそろっています。
年齢ごとの年収推移のグラフを見てみると、どの年代層を見ても、看護師の年収が全職業に従事している女性の年収よりずいぶん多い事実がすぐにわかります。

さしあたりいくつかの看護師転職サイトで会員になって、最後は最も信頼性があって、フィーリングの合うエージェントに絞ってお願いするのが、最善の流れでしょう。
各種の手当以外の基礎賃金に関しては、普通に見かける仕事の給料よりも、ちょっといいくらいですが、看護師さんの給料が高くなっているのは、いろんな手当類があるからなのです。
もしあなたが正社員であって、夜勤有の条件なのに400万円に達しない年収額だとすれば、ためらうことなく転職をした方が賢明です。なお准看護師でも、正看護師の場合の大体8割というのが平均の金額です。
登録者以外には紹介も公開もしていない、応募者殺到の病院やクリニック、学校や各種施設などの特別な非公開求人を教えてくれるところが、看護師転職サイトの魅力というわけなのです。
転職支援を行っている企業作成の集合型求人サイトは、雇用主となる病院や各種施設等には費用を求めず、少しでも多くの看護師に会員登録してほしい転職あっせん会社から費用を徴収してサービスを提供しています。

このページの先頭へ