結婚を機に転職したい看護師の方のための転職サイト

今の職場に満足していますか?看護師の免許を持っていて2年以上のキャリアがあるなら、あなたという人材は、引く手あまたとなります。貴方の住んでいる地域でも、あなたという人材を切望している病院やクリニックなどの施設がたくさんあります。そうなんです。医療業界では、看護師という人材がかなり不足しています。いつでも転職が可能なのです。もし本気で転職を考えているならこのサイトに掲載されているような看護師専門の転職サイトを利用してみましょう。単独で転職先を探すよりも圧倒的に好条件での転職が可能になります。当サイトでは結婚を機に転職したい看護師の方のための転職サイトをランキングでご紹介しています。

高給が欲しい看護師の方の転職サイトおすすめランキング

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    「ナース人材バンク」は、厚生労働省より認可を受けている東証一部上場の安心企業が運営している国内最大級の完全無料で看護師の転職を支援するサービスです。
    看護師離職者の7割以上が利用しています。会員登録のみで多くの非公開求人案内もしてもらえます。
    全国に展開しているためどちらにお住いの看護師さんでも転職サポートをするシステム。
    気になる給料などの条件面の交渉についても選任スタッフが完全対応しています。

  • 看護のお仕事

    看護のお仕事

    「看護のお仕事」は正看護師、准看護師、保健師、助産師のいずれかの資格をお持ちの方の転職・復職を無料で支援するサービスです。
    「サービス満足度」「コンサルタントの対応満足度」「友人に勧めたいランキング」で三冠達成しているサービスで全国を安心の24時間電話対応します。
    転職サービスサイトにありがちなスタッフのしつこい対応もなく地域ごとの選任スタッフの地域密着型提案が好評です。

  • マイナビ看護婦

    マイナビ看護婦

    知名度抜群の株式会社マイナビが運営している「マイナビ看護婦」は正看護師、准看護師、保健師、助産師の方の無料の転職サポートを行っています。
    全国対応で30,000件以上の求人内容は非公開求人から企業看護師求人まで幅広いです。
    この無料サービスサイトの特徴は顧客満足度が96%以上で「残業なし」「月給35万円以上」「家チカ・駅チカ」「ゆったり急性期」「ボーナス6ヶ月」「年休125日」「日勤のみ」などといった高い定着率の求人をたくさん紹介していて評判が高いのです。


ご自宅で負担を強いられずに普段の暮らしを送れるように補佐するというのも、訪問看護師の大切な仕事です。看護先のお宅では、看護される方だけではなく、同居している家の人からのお話を聞き助言する場合もあります。
高給取りだと認識してはいるのだが、自分の給料が仕事内容に見合った対価だとは考えていないケースがほとんど。本当に、きつい条件や環境で目の回るような忙しさで勤務している看護師さんの話はよく聞きます。
今住んでいるエリアを基に、看護師の雇用先として抜群の人気である病院とかクリニックの概要、給与やボーナス、職場のムード、そのエリアに根を下ろした看護師転職サイトを探すことが可能です。
これまでの信頼から与えてもらった専用の看護師推薦枠であったり、HPとか求人誌の内容では調べられない募集する事情とか求人の実態など、確実な情報やリサーチ結果を目にすることが可能です。
昇給率は大したことはありませんが、看護師さんの受け取る年収は、他の職種より大分恵まれているということは間違いがありません。噂の通り「看護師の給料はすごい」という証拠になる結果と言えるでしょう。

サービスについては、転職や就職活動に必要な事項がほとんど準備されており、他にも自分でやるのはタイヘンな転職先との交渉など、タダだなんて信じられないほどのサービスが提供されるのです。
看護師求人サイトは、たいてい非公開求人も抱えているはずなので、一般的な公開求人のみで転職活動しようとせずに、何はともあれサイト利用登録を済ませた後でコンタクトを取ってみることをおすすめします。
平均的な女の人の年収額よりも高額になりますが、体力と精神のどちらもきつい仕事内容ですし、夜勤もしなければいけないことを考慮すると、あながち十分な給料だとは明言できないと思います。
看護師独自の手当を含まない基本的な賃金のみでは、普通に見かける仕事をしている人に比べて、いくらか多いくらいですが、看護師さんの給料が高額なものになるのは、夜勤手当をはじめとする手当が加わるからなのです。
大学に4年在学した看護師さんと、高校と専門学校卒業の看護師さんを比較してみると、年収金額の開きというのは10万円未満、少しだけ基本給と賞与で違いがある程度なのです。

雇い入れる病院としては、看護師が足りない状況にずっと困っているわけですから、理想ばかりを追い求めない限り、100%近い確率で就職に困ることはない環境にあります。医療専門職の看護師とはそういった職業だと言えます。
企業や大学の保健室などに関しては、遅くまでの残業勤務がまずないと言えますし、土日祝、盆や正月休みもほとんど確保できるから、募集スタートとなった場合は、何日もたたずに終わるぐらい希望者が多いのです。
募集が始まっても、ただちに決定されてしまうことがあるいい待遇の公にされていない非公開求人も、看護師転職サイトを利用すれば、一足先に案内してもらうことだって可能なので好評です。
問い合わせや応募がものすごく多くなってしまう状況を回避するために一般公開をしない非公開求人のみにするケースや、登録が完了しているユーザーのみに条件のいい求人を紹介したいので、求人サイトの都合で公開を控えているケースだってかなりあります。
公には紹介も公開もしていない、人気が高い病院とか人気クリニックなどの数々の非公開求人を提供してくれるところが、看護師転職サイトの強みだと考えます。


一番最初は新卒用の求人票、就職情報誌、さらにネットなどを役立てることによって、自分が希望している情報を明確化してから、該当する病院やクリニックのみの募集案内を取り寄せるほうが利口です。
大学に4年在学した看護師さんと、高卒プラス専門学校卒業という経歴の看護師さんを比較対象すると、年収金額の差というのは10万円未満、ほんの少し毎月の給料とボーナスの金額が異なるということになります。
特に大手の運営だと、現在に至るまでの実績や経験も豊富で、支援メニューも豊富で、相談担当のコンサルタントの質も高い方ばかりという状況なので、看護師向けの転職サイトで登録・紹介をしてもらうのは初めてだという看護師さんでも心配ありません。
喧嘩別れせずに辞めるために必要になる退職交渉に付随する指導をしたり、必要とあらば、雇い入れ日の調整なども、看護師転職サイトへ登録したらお願いできちゃいます。
実際的に看護師が転職を考えた時に利用価値が高いのが看護師さん用の転職サイトです。3割を超える看護師の方たちが、この転職・再就職支援サイトを通じて好条件の転職を成功させています。

民間企業である求人サービス会社の最大のウリが、求人側と転職アドバイザーが、常に情報を交換し合っていることです。民間ならではのこの点が国の機関である職業安定所や有志の看護協会の就職・転職相談コンサルタントとは全く異なるポイントでしょう。
全ての職種における平均年収と看護師の皆さんの平均年収についての変化のグラフを確認すると、全ての職業の平均年収はずっと下がっているという状況なのに、看護師の方々の平均年収は、ほぼ同額を保っています。
当然ですが、看護師は精神、肉体ともにタフな人物だけが続けられる職業なのです。逆に、「仕事が忙しくてもお給料が欲しい」とおっしゃる方には最適の仕事なのです。
いくつものサイトの内容を比較しながら求人を絞り込むのは、とても難しいと思います。利用者が増えている転職支援企業に登録したら、理想的な求人を比較検討してくれて、ストレスを感じることなく連絡してくれると思われます。
給料アップ率はそんなに高くありませんが、看護師の総合的な年収は、他の職種より大変恵まれているということははっきりしています。言われている通り「看護師は高給取り」というのは間違いないみたいですね。

転職活動を始めている看護師の希望条件や待遇に沿った求人募集情報を数多くご覧に入れるのは言うまでもなく、皆さんが抱えている転職活動に関する悩みや心配な点、疑問な点について解消するべく助言も行なっています。
希望に合わないのに応募必須という縛りがあるわけじゃないので、出来うる限り効率よく手に入れるということが目的なら、看護師転職サイトの会員にならないやり方はNGです。
最終学歴のレベルと転職した回数が関係するかどうかは、明言できませんが、看護師という立場で働き始めた時にいくつだったのかが、転職した回数の要因になっていると思います。
患者のお宅で不自由を感じずに普段の暮らしを送れるようにアシストすることだって、訪問看護師の大切な役割なのです。訪問したお宅では、患者本人に限らず、お家の人からのお話を聞くこともあります。
転職を希望する事情や背景、目標を参考に、ふさわしい転職活動の進め方や満足度が高い転職支援サイトをご紹介し、看護師の皆さんの理想的な転職の成功をサポートすることを意識しております。


いくつものサイトをリサーチしながらいい求人を探すのって、大変な時間が必要です。看護師転職エージェントだったら、理想的な求人をまとめてくれ、短い期間で提案してくれると思います。
転職のための活動をしていく上で意識してほしいのは、何としても2、3社くらいの看護師転職サイトで利用手続きをして、自分自らも転職のための活動をしていただくことなんです。
全労働者の平均年収と看護師の方々の平均年収の変遷のグラフを確認すると、全ての職業の平均年収は徐々に低額になっているのに対して、看護師の人達の平均年収につきましては、ほとんど下がってない状況です。
専門のキャリアコンサルタントは、募集の権限がある看護師長のキャラがどんな感じかや好みや余暇の過ごし方まで把握済みであると聞きます。これほど詳細な情報は、関係者以外は簡単に獲得することはできないのではないでしょうか?
とりあえず就職情報誌や学校への求人、ネットの求人サイトなどを使いこなして、あなた自身が希望する情報を集約してから、ピッタリな病院だけの資料を郵送してもらった方が利口です。

高額な給料で、賞与も大満足できる病院の特徴として、東京をはじめ、大阪などいわゆる都会で開業されていること、大学病院や診療科目の多い総合病院などそのスケールが小さくないことなどが挙げられるでしょうか?
新天地への転職をしたいと思っている看護師の方々が納得できる新たな事業所に入ることができるように、担当の転職アドバイザーが万全なアドバイスやサポートをしております。
2013年の看護師の1人当たり平均収入は、472万円だったようです。女性労働者の全職業の場合、年収の平均的な額は、300万円手前という調査結果なので、看護師さんのお給料というのは、ずいぶんと高い水準になっているのです。
朝まで続く夜勤をしなくちゃいけないので、不規則な暮らし、更には体力と精神のどちらも強くなければできない仕事。自分がもらっている給料に文句がある看護士の方ばかりだというのも合点がいきます。
ご存じのとおり、看護師は強い体と精神の持ち主でないとできない職種だと言ってよいでしょう。違った言い方をすれば、「きつい仕事でも構わないので儲けたい」なんて希望がある人には合っている仕事だと思います。

医療機関としては、死活問題である看護師不足が解決したわけではないので、条件にこだわらない方でしたら、特別な場合以外は再就職できる状況だと言えるのです。看護士というものはそのような職業になるのです。
医療・治療の細分化が進められ、看護師のするべき仕事の専門化も進んでいる。かつ、新しい技術が次々登場する職種ですので、日常から新たな知識を身につける姿勢もないとだめなのです。
今日までの転職支援の実績及び確保している求人内容、利用者本人の感想等において、満足度の高かった転職サポート会社を、ランキング表示も交えて掲載しています。
目にする機会が増えた看護師求人サイトとは、役所の一つの職業安定所だとか任意団体である看護協会とは違うもので、一般企業が管理している看護師のための就職・転職に役立つ求人紹介システムのことなのです。
給与の安定感はバツグンで、派遣とかパート、アルバイトとしての時給も他の多くの仕事よりも高い相場ですし、求人も常にあるので、取得した資格が役に立つお仕事であるということは明らかです。

このページの先頭へ