北海道にお住まいで結婚を機に転職したい看護師の方のための転職サイト

北海道にお住まいですか?北海道にお住まいの、高給が欲しい看護師の方のための転職サイトを紹介しています。

今の職場に満足していますか?看護師の免許を持っていて2年以上のキャリアがあるなら、あなたという人材は、引く手あまたとなります。貴方の住んでいる地域でも、あなたという人材を切望している病院やクリニックなどの施設がたくさんあります。そうなんです。医療業界では、看護師という人材がかなり不足しています。いつでも転職が可能なのです。もし本気で転職を考えているならこのサイトに掲載されているような看護師専門の転職サイトを利用してみましょう。単独で転職先を探すよりも圧倒的に好条件での転職が可能になります。当サイトでは結婚を機に転職したい看護師の方のための転職サイトをランキングでご紹介しています。

高給が欲しい看護師の方の転職サイトおすすめランキング

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    「ナース人材バンク」は、厚生労働省より認可を受けている東証一部上場の安心企業が運営している国内最大級の完全無料で看護師の転職を支援するサービスです。
    看護師離職者の7割以上が利用しています。会員登録のみで多くの非公開求人案内もしてもらえます。
    全国に展開しているためどちらにお住いの看護師さんでも転職サポートをするシステム。
    気になる給料などの条件面の交渉についても選任スタッフが完全対応しています。

  • 看護のお仕事

    看護のお仕事

    「看護のお仕事」は正看護師、准看護師、保健師、助産師のいずれかの資格をお持ちの方の転職・復職を無料で支援するサービスです。
    「サービス満足度」「コンサルタントの対応満足度」「友人に勧めたいランキング」で三冠達成しているサービスで全国を安心の24時間電話対応します。
    転職サービスサイトにありがちなスタッフのしつこい対応もなく地域ごとの選任スタッフの地域密着型提案が好評です。

  • マイナビ看護婦

    マイナビ看護婦

    知名度抜群の株式会社マイナビが運営している「マイナビ看護婦」は正看護師、准看護師、保健師、助産師の方の無料の転職サポートを行っています。
    全国対応で30,000件以上の求人内容は非公開求人から企業看護師求人まで幅広いです。
    この無料サービスサイトの特徴は顧客満足度が96%以上で「残業なし」「月給35万円以上」「家チカ・駅チカ」「ゆったり急性期」「ボーナス6ヶ月」「年休125日」「日勤のみ」などといった高い定着率の求人をたくさん紹介していて評判が高いのです。


通常集合型求人サイトにおいては、職務経歴書、または履歴書を登録する機能が付いています。はじめに必要事項を入力しておくだけで、サイトを通して求人者から連絡を受けることも可能です。
面接希望者が殺到して収拾がつかなくなる状況を回避するために公開を控えているケースですとか、登録手続きをしてくれたユーザーの方から順番に質の高い求人を紹介するために、求人サイト運営会社が非公開求人のみにしたケースだって多いのです。
看護師求人サイトっていうのは、国が運営する公共職業安定所あるいは看護協会との関係はないもので、一般的な企業が作成・運営している看護師に特化した就職や転職を支援する求人を紹介するサイトのことなんです。
現在検討中の病院で雇われている看護師さんに伺うことができたら何よりですし、不可能なのでしたら、転職サポート会社の担当者に、実際の現場の環境のリサーチをやってもらうのもいいでしょう。
女性看護師の第一位は、50~54歳の約550万円。女性の全職種で、定年の60歳を超えると年収が300万円程に下がるのとは対照的に、看護師の平均的な年収は、400万円位から下がってはいません。

大学に4年間通った看護師さんと、高卒後に専門学校を出て就職した看護師さんを比較すると、年収金額の差というのは9万円程度、少しだけ毎月の給料とボーナスに差がつく程度です。
急速なお年寄りの増加や医学や治療などの特殊化、おまけに在宅での医療や看護を主張する患者やその家族の数の伸びが、看護師のニーズが多くなっている大きな原因の一つです。
定年で退職するまで継続して働いている看護師の方は少数で、看護師の標準的な勤続年数は6年程度です。離職率が低くない職業だということがわかります。給料とか年収は他職種と比較して充実しています。
求人票を隅々まで見たところで、再就職先の雰囲気や環境のことははっきりしません。転職あっせん企業であれば、一般の人は知らない再就職先の人間関係をはじめ雰囲気等々の役に立つ情報まで準備しています。
厚待遇を得るために病院側と交渉しなければいけない時は、あなたが直接交渉などをするのではなく、スピーディーに折衝するしてくれる看護師限定の就職・転職コーディネーターをできる限り利用していただくことが肝心なのです。

言うまでもなく看護師さんというのは看護のプロフェッショナルですが、転職活動の専門家とは言えません。それと違って看護師転職サイトに所属しているキャリア・アドバイザーは、看護に関するスペシャリストではないけれど、転職活動支援の専門家なのです。
看護師専用の求人サイトを決めるときには、一番にサイトを運営している企業名を確認するのが重要です。大企業の運営ということなら、求人情報もたっぷりと準備されていますし、個人情報の管理も配慮されています。
自分の家で不自由を感じずに普通の毎日が送れるように補佐するというのも、訪問看護師の重要な仕事なのです。家を訪れた際には、患者さんだけじゃなく、同居している家族からの相談もあるのです。
ほとんどの看護師求人サイトは、非公開求人も取り扱っていますから、未登録の方にも公開されている求人だけで転職先の選択をするのではなく、出来れば一度会員登録して確認してみる方が賢明です。
求人募集の内容を確かめるだけではいけません。合わせて現場の人間関係、雰囲気看護師長がどんな人なのか、有休だけじゃなく各種休暇に関するこれまでの取得実績、どのような看護体制なのかも、十分に確かめるようにしましょう。


就職・転職のための活動を進展させていく中で不可欠なのは、最低でも2つ以上のメジャーな看護師転職サイトで会員になって、同時に転職に向けての活動をすることなんです。
「転職して満足」なんて転職をするためには、転職活動の先に現状の確認と目標を決めて、求人サイトを用いて知識や情報を蓄えて、納得できるまで比較してから行動に移すことがポイントです。
看護師専門の求人サイトの選択の際には、一番最初にどういった企業がサイト運営しているのかきちんと確かめるのが大事です。大企業の運営ということなら、求人情報の件数も多く、個人情報漏えい防止の対策も心配ありません。
とりわけ20代の若年者である看護師の女性だけを見ると、半数を超える55%の人達が転職・再就職支援サイトを利用して転職を成功させていて、ハローワークの利用や病院に直接交渉したものより、とても多くなっていることがわかります。
転職希望している病院などで、現に雇用されている看護師さんに尋ねられれば何よりですし、実現できないのなら、申し込んでいる転職支援会社に所属しているキャリア・アドバイザーに、現実の職場環境について徹底リサーチしてもらうことも検討してみては?

人気のこのサイトならではの視点に立って、依頼した経験のある方の感想、評価など、たくさんの尺度を元に、凄く実力のある看護師転職あっせん会社を、ランキング表示で閲覧することが可能なんです。
急速な高齢化や医療技術や治療の専門化、おまけに自分の家での看護及び治療を選ぶ方たちの急激な増加も、看護師のニーズが大きくなってきている背景になっているのです。
看護師ならではの夜勤があるので、生活リズムが不規則、それに留まらず体力、精神力の点でもつらい業務。自分がもらっている給料が安すぎると感じている看護師さんが少なくないのももっともなことです。
問い合わせや応募が対応不可能な数になってしまうことを避けるために公開を控えているケースですとか、利用登録をしているユーザーの方から順番に条件のいい求人を紹介したいので、求人サイト運営会社が公開していないケースも少なくないのです。
実際に就職に成功した皆さんによる体験談や、転職エージェントが感じた本音の評価などもご覧いただくことが可能で、看護師の女性がスムーズに転職できるように、お手伝いしてくれる看護師専門サイトなんです。

転職支援企業が管理している集合型求人サイトは、病院や施設の事業主側からじゃなくて、なるべくたくさんの看護師を自社に登録させたい転職支援を行っている企業側から費用を得て管理運営されています。
狙い通りの看護師の求人が見つかったのなら、応募先へ直行。転職の際の時間が取られる各種交渉に関しては、何もかも専属の転職キャリアコンサルタンが引き受けてくれます。
現在よりも納得できる実績であるとか給料などの条件を掴み取るために、転職のことを“看護師としての輝かしいステップアップ”なんてポジティブにとらえている現役看護師の数はすごく多いはずです。
現在正社員という立場で、夜勤も断れない状況なのに年収400万円未満ということなら、迷うことなく転職をした方が賢明です。もしも准看護師資格だとしても、看護師に対する給料の8割前後が多いようです。
転職を実行してかなえたい望みをはっきりさせることは、満足できる転職には不可欠なことです。働きたいと思う再就職先がどんなところかイメージするのも、意味のある転職活動だと思ってください。


「転職を考えるときは慎重に」とはよく言われることで、転職完了後に「望んでいた仕事じゃない」というふうにならないためにも、早くからの入念な調査が相当大事なのを忘れてはいけません。
看護師をしている友人や知人、または先輩などが、転職する際に実際に世話になった求人サイトの中で、評価が高かったのはどのサイトなのか教えてもらえば、悔いが残ってしまうことも少なくなるでしょうね。
定年年齢に達するまで退職せずに働いている看護師はわずかで、看護師の標準的な勤続年数は6年ほどになっています。長く続けにくい職業には違いありません。給料や年収については満足できるものだと言えるでしょう。
集合型求人サイトというのは、数社の転職あっせん企業が集めた看護師用の求人情報が掲載されるのが通例なので、その求人の件数自体が桁違いに多いというわけです。
求人募集に詳細をリサーチするのに加えて、院内の空気や上司になる看護師長がどんな人なのか、産休・有給についての取得状況、配置されている体制なども、じっくりと確認することが大切です。

2013年の場合、看護師の年収の平均は、472万円とのことでした。女性労働者の職業全てでは平均年収は、200~300万円ということですから、看護師の給料に関しては、ずいぶんと高い水準であることがわかります。
民間の法人が運営している求人サービス会社の一番良い部分が、病院などの求人者と所属のキャリアコンサルタントが、十分にコンタクトを取り合っていることです。この点が公的機関であるハローワークや自主的に加入する看護協会の所属になっている就職・転職アドバイザーとは全く異なる部分だと断言できます。
全体的に見て看護師になる人は、近場の学校を出て、就職も地元でします。家庭を持つことになると、看護師が不足している地元以外の地域に「単身赴任」することは困難です。
希望に合わないのに面接しなければいけないというわけではないんです。ですからなるべく効果的に集めるという点で考えれば、看護師転職サイトを使わないのはとても残念です。
泊りをしなければいけない夜勤や休日出勤といった勤務を伴わない「勤務は月~金の昼間限定」の方については、手当ての額が給料に反映されないので、給料については一般的な仕事より若干高額なくらいだそうです。

人気のこのサイト独自の見方で、使ったことがある人の本音や裏情報など、多彩な評価基準に基づいて、試してほしい看護師向け転職支援会社を、ランキングでご覧いただけます。
資格のある看護師の方の就職や転職をサポートするために、満足できる情報やお知らせを提供し、公開されていない秘密の非公開求人を数多く紹介している人気抜群の看護士をターゲットにした転・就職サイトをランキングにして公開中。
急速な高齢化のせいで、病院・クリニックのほかにもグループホームなどの介護施設などでの活躍も期待されています。また、2004年に実施された労働者派遣法の改正やネットの浸透が、「派遣看護師」という職業に従事する人を増やす原因だと言えるでしょう。
給料が低いわけではないことを認識しているものの、受けとっている給料が労働内容にふさわしいものだなんて思っていないというケースが大部分です。それも当たり前で、厳しい職場の環境の中で雇われている看護師さんは珍しくありません。
ネットで申し込める看護師専門の転職サイトに所属の転職アドバイザーの方は、今日までに数百から数千もの看護師さんの転職事例を知っているので、十分に蓄えられた経験から判断してアドバイスや指導を行っているのです。

このページの先頭へ